認定NPO法人シェア=国際保健協力市民の会

  • 国際協力

  • 医療・
    難病

全国

現在、 0 人が応援しています!

認定NPO法人シェア=国際保健協力市民の会 代表 本田 徹    仲佐 保

認定NPO法人シェア=国際保健協力市民の会 代表

本田 徹    仲佐 保

Health for All!
すべての人に健康を!

シェア=国際保健協力市民の会は、健康で平和な世界を全ての人とのわかちあうために、草の根の立場から行動を起こした医師・看護師・学生等が中心に結成された国際保健NGOです。私たちはすべての人が心身ともに健康に暮らせる社会を目指し、‟いのちを守る人を育てる”保健医療支援活動を、カンボジア、東ティモール、日本で進めています。

HISTORY

活動ヒストリー

1983年

1983年

シェア=国際保健協力市民の会発足

インドシナ難民救援のため医療関係者などのボランティアが中心となり、日本国際ボランティアセンター内に海外援助活動医療部会としてシェアが発足。1985年にエチオピアの干ばつによる
飢餓被災民救援として1年間外来患者への医療支援をする。

1988年

1988年

カンボジアで長期的な保健活動を開始

内戦で疲弊していたカンボジアへ日本から医療スタッフを派遣。難民キャンプだけでなく元々難民が住んでいた地域を変えていくことが人々の健康につながると実感。医療スタッフへの人材育成や
保健教育など地域に根ざした長期の保健活動を行うこととなる。

1990年

1990年

タイで地域に根ざした活動を開始

タイ東北部に看護師を派遣し、住民参加による地域保健プロジェクトを実施。住民自身に下痢の原因に気づいてもらえるよう働きかけ、
井戸掘り、トイレ作り等を通して自ら下痢の予防が
できるようになった。1994年よりエイズプロジェクトを開始する。

1991年

1991年

在日外国人の健康支援を開始

保健医療サービスにアクセス困難な外国人対象の健康相談会や医療電話相談を開始。これまでに結核やHIVに関する医療通訳派遣、
タイ人ボランティアとのエイズ啓発など、幅広く活動を実施。
2021年からは、外国人母子の健康に重点をおいて活動継続中。

2000年

2000年

東ティモールで復興支援開始

インドネシアから独立決定後にインドネシア軍により医療施設も破壊された。シェアは診療所を再建し、日本から医師・看護師を派遣。診療活動や保健施設の運営の支援などを行う。その後保健スタッフや
小学校教師を対象に保健教育のできる人材育成を実施。

2011年

2011年

東日本大震災緊急支援・復興支援

震災直後、宮城県気仙沼市にて巡回療養支援隊の設立に関わり、
健康相談班として活動を開始。 在宅や仮設住宅の被災者を訪問し
健康相談および診療ニーズの把握などを行う。
その後気仙沼のNPO「生活支援プロジェクトK」と共に仮設住宅の
住民への健康支援活動を実施。

2020年~

2020年~

コロナ禍でも誰ひとり取り残さないために

新型コロナのワクチン接種が各国で始まり、「保健システム」
つまり地域の人々の健康を守るための仕組みが
いかに大切かと言うことが改めて見えてきた。
保健システムが脆弱な国や地域で、健康を守るための仕組み作りと人材育成にこれからも取り組んでいく。

OUR ACTIONS

電気で応援できる活動詳細

カンボジアで子どもの栄養改善を行う

カンボジアの中でも子どもの栄養状態が最も悪い農村地域で、子どもの健康増進を目指しています。保健センターや保健ボランティア、自治体の人々と協力しながら、乳幼児健診や離乳食教室、保健教育等を行っています。

東ティモールで保健サービスの改善をする

僻地に暮らす住民は医療機関にかかることが難しく、妊娠や出産で命を落とす女性や子どもがいます。必要な保健医療サービスを住民に届けるために
人材育成や、住民自身が健康を守れるように保健教育活動を実施しています。

日本いる外国人の健康をサポートする

日本に住む外国人が安心して保健医療サービスを受けられるよう、母親学級の強化や保健ボランティアによる妊婦訪問など、外国人コミュニティや自治体と連携して取り組んでいます。

OUR GALLERY

活動の様子

WHY HACHIDORI

あなたの支援が必要な理由

医療を受けられず命を落とす母子たちがいます

妊娠・出産が原因で命を落とす母親。予防可能な病気で亡くなる子どもたち。病院から遠く離れた地域に住んでいたり、正確な情報がないために適切な医療や保健サービスを受けられない人々が存在しています。これらの問題を解決するためにはすべての人が平等な医療を受けられ、健康に生きる社会をつくる必要があります。カンボジアでは3,000円で、
子どもたちの栄養改善のための離乳食教室を1回実施する事ができます。

「取り残された人々」のところにも新型コロナウイルスはやってきます

新型コロナウィルスの感染が世界各地に広まる中で、手洗いやうがいなど、基本的な感染
予防の大切さが改めて注目されています。シェアが各地で行ってきた「保健教育」の活動は、
コロナ禍の中でますます必要なものになっています。シェアの活動には今後も多くの制約が生じてくると思いますが活動を止めるわけにはいきません。感染がさらに長期的になれば、
もともと「取り残された人々」の状況はいっそう深刻になっていきます。
みなさまからの温かいご支援をよろしくお願いします。

ABOUT

活動概要

認定NPO法人シェア=国際保健協力市民の会

認定NPO法人シェア=国際保健協力市民の会

活動開始日
1983年
所在地
東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル5F

HACHIDREAM

社会をよくする
支援先を探す

カテゴリから探す
エリアから探す

POINTS

ハチドリ電力の3つのポイント

  • 地球に優しい
    自然エネルギー

  • 電気代の1%
    で発電所増設

  • 社会貢献
    活動に
    寄付

HACHIDORI MEMBERSHIP

ハチドリ会員特典

無料で

「社会の課題や生き方」を学ぶ

ハチドリアカデミー

会員限定

ステッカーがもらえる

ハチドリ電力オリジナルステッカー

定期配信

支援団体から活動報告が届く

ハチドリMEET

INSTAGRAM

#ハチドリ電力

自宅や会社、お店など
全国に広がるハチドリ電力

自宅や会社、お店など
全国に広がる
ハチドリ電力

SNS

SNSでも
様々な情報を
配信しています

環境問題を解決する素敵なアイデアや有益なイベント情報をお届けしています!

INSTAGRAM

FACEBOOK

TWITTER

MAIL MAGAZINE

社会をよくする
人やアイデアを
お届けします

HACHIDORI PLAN

わずか5分でお手続き完了!
現在契約中の電力会社へのご連絡は不要です。

電気を申し込む