支援して申し込む
2020/05/07

【ハチドリTALKs 5月 第2週】社会活動家と考える #いま、私たちにできること

4月30日から始まったハチドリTALKsでは、ハチドリ電力と提携しているNPO団体の代表者や社会活動家の方々をゲストにお迎えし、毎週平日19:00からの一時間、各団体の活動内容や設立のきっかけなどを人生談と共にお聞きしていきます。


ハチドリTALKs 5月第2週は、

5月11日 任意団体ミンナソラノシタ 代表林リエさん

5月13日 認定NPO法人かものはしプロジェクト 共同代表村田早耶香さん

5月14日 認定NPO法人Homedoor 代表川口加奈さん

5月15日 NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン代表 中島早苗さん


をゲストにお迎えし、ハチドリ電力代表の田口一成が社会起業家としての独自の視点でお話をお伺いしていきます。

◆ハチドリTALKs Vol.5◆
任意団体ミンナソラノシタ代表 林リエ × ハチドリ電力 代表田口一成と考える
#いま、私たちにできること


ハチドリTALKs第5弾のゲストは、任意団体ミンナソラノシタ代表の林リエさんです。

林さんは、日本で初めて起こってしまった原発事故後、先の見えない不安を抱えながら子育てしている福島の母子たちに、京都での幼稚園留学を主催する活動をされています。

▼ イベント詳細 ▼
2020年5月11日(月)19:00-20:30
定員300名
応募URL:https://hachidori-talks-05.peatix.com

◆任意団体ミンナソラノシタとは◆
福島では原発事故の影響により、子どもが遊ぶ環境への不安が生まれ、健全な成長の糧である「自然の中での遊び」の機会が減少してしまいました。
原発事故による子育てへの不安を抱える福島の母に寄り添い、すべての子どもたちが100年先も幸せに暮らせるよう、子どもたちの健康な成長のために京都で幼稚園留学を展開しています。


登壇者
任意団体ミンナソラノシタ代表
林リエ
3児の母である林は、2012年、子どもの幼稚園の取り組みをきっかけに福島の原発により母子が直面している現状について知る。それをきっかけに東日本大震災・原発事故後の福島の状況を広く知ってもらうため2013年ミンナソラノシタを設立。2014年から京都の幼稚園が主催する福島の母子の心身リフレッシュを目的とした幼稚園留学に、母子のサポート役として関わる。2017年には幼稚園留学を主催し、2020年にはミンナソラノシタ福島支部を設立。




◆ハチドリTALKs Vol.6◆
認定NPO法人かものはしプロジェクト共同代表 村田 早耶香 × ハチドリ電力 代表田口一成と考える
#いま、私たちにできること


ハチドリTALKs第6弾のゲストは、認定NPO法人かものはしプロジェクト共同代表の村田 早耶香さんです。村田さんは、児童買春の問題を解決するために活動をされています。


▼ イベント詳細 ▼
2020年5月13日(水)19:00-20:30
定員300名
応募URL:https://hachidori-talks-06.peatix.com


◆認定NPO法人かものはしプロジェクトとは◆
世界では100万人の子どもたちが、お金やものと引き換えに性的な行為を強要され、搾取されてしまう「商業的性的搾取」の被害にあっています。
家庭の貧困を主な理由に、出稼ぎに出ようとした結果、売春宿にだまされて売られてしまうケースもあります。
ものはしは、子どもの「性的搾取を目的とした人身売買」(子どもが売られてしまう問題)を解決するために人身売買被害者に寄り添う活動や、加害者の捜査・裁判などを行っています。


登壇者
認定NPO法人かものはしプロジェクト共同代表
村田 早耶香
1981年生まれ。大学在学中の19歳の時に子どもが売られる問題を知る。実際に行ったカンボジアでは6歳の子どもまでもが被害にあっていることを目の当たりにし、この問題を必ず解決することを決意。20歳の時に共同代表の本木・青木と出会い、かものはしプロジェクトを創業。2006年には日経ウーマン「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2006」リーダーシップ部門を至上最年少で受賞。2012年からはカンボジアに加えてインドでも活動している。



◆ハチドリTALKs Vol.7◆
認定NPO法人Homedoor代表 川口加奈 × ハチドリ電力 代表田口一成と考える
#いま、私たちにできること


ハチドリTALKs第7弾のゲストは、ホームレスの人々へ生活や仕事のサポートを行う認定NPO法人Homedoor代表・川口加奈さんです。

川口さんは、14歳でホームレスの人々の存在を知り衝撃を受け、19歳でHomedoorを設立され、現在に至るまで様々なホームレス支援活動を行なっていらっしゃいます。


▼ イベント詳細 ▼
2020年5月14日(木)19:00-20:30
定員300名
応募URL:https://hachidori-talks-07.peatix.com

◆認定NPO法人Homedoorとは◆
ホームレスの人々がホームレス状態から抜け出したいと思っても抜け出せない状況や、偏見がなくならない状況を、包括的な支援活動で解決しています。
先が見えないことによる不安を抱えて相談をされる方が年間700人を超える中、Homedoorは無料で宿泊できるシェルターの運営や就労サポートを行なっています。


登壇者                 
認定NPO法人Homedoor代表
川口加奈さん
1991年大阪生まれ、大阪育ち。14歳でホームレス問題に出会い、ホームレス襲撃事件の根絶をめざし、炊出しや100人ワークショップなどの活動を開始。19歳でHomedoorを設立。世界経済フォーラム(通称・ダボス会議)のGlobal Shapersや、人間力大賞グランプリ、内閣総理大臣奨励賞、Forbes Japanが選ぶ「30UNDER30」にも選出される。





◆ハチドリTALKs Vol.8◆
NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン代表 中島早苗 × ハチドリ電力 代表田口一成と考える
#いま、私たちにできること
ハチドリTALKs第8弾のゲストは、NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン代表 中島早苗さんです。
中島さんはカナダのNGO、Free The Childrenの理念に共鳴して、1999年に日本支部を立ち上げました。


▼ イベント詳細 ▼
2020年5月15日(金)19:00-20:30
定員300名
応募URL:https://hachidori-talks-08.peatix.com


◆NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパンとは◆
「国内外の貧困や差別」と「子どもには世界を変えられないという考え」からの、子どものFree(解放)を目指しています。
子どもたちが社会問題に対して自分たちで行動できるような仕組みづくりとともに、国内外の子どもの教育支援や家族の自立支援などを行い、子どもの権利を守り、彼らの可能性を引き出せるような社会をつくっています。
理念と活動が高く評価され教科書に取り上げられるなど、メディア掲載も多数。


登壇者
NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン代表
中島早苗
アメリカのNGOでインターンをしていた25歳の時、フリー・ザ・チルドレンを創設した12歳の少年グレイグくんの存在を知る。タイで物乞いの子どもに会っても何もできなかったやるせない思いを抱えていた中島さんは、グレイグくんの行動に勇気付けられ、日本でフリー・ザ・チルドレン・ジャパンを創設する。現在は約1,600名の子どもたちがメンバーとなり、国内外のこどもに関する社会問題に取り組んでいる。




                 
聞き手

ハチドリ電力代表
田口 一成

お知らせ一覧を見る

社会のために頑張る人たちの
活動レポートをお届けします!