支援して申し込む

メインビジュアル

電気料金の1%だから無理なく気軽に寄付できる

自宅の電気を申し込みました

みなさんこんにちは、ハチドリ電力のゆうきです。
みなさんはみなさんは「電力切り替え」と聞いてどんなことをイメージしますか?
おそらく多くの方が、「手続きがめんどくさそう」「料金が高くなるのでは?」「停電とか大丈夫なのかな・・」という印象を抱いているかと思います。
わたしも切り替えるまでは、そう思っていました。

そんなよくわからない電力の切り替えについて、実際に自宅の電力をハチドリ電力に申し込んだ中村家にお話をうかがってきました!
「電力自由化」はよくわからなかった
インタビュー写真1

中村さんは最近お子さんが生まれたそうですね。3人家族ですか?

はい、1月に生まれたばかりの息子と妻と3人で、福岡市で暮らしています。もともと関東に住んでいて、6年前に引っ越してきました。

今回ハチドリ電力にお申し込みいただき、ありがとうございます。3年前に電力自由化になり、当時は電力の切り替えにどんなイメージを持っていましたか?

「電力自由化」と言われても正直、自分事として全然ピンとこなかったですね。家庭の電力を変えられると捉えていませんでした。

ハチドリ電力に申し込んだきっかけ
インタビュー写真2

結局、「電力自由化」と言われても何が変わるのかが分かりづらかったと思います。そんな中でハチドリ電力に申し込んだきっかけはなんだったのでしょうか?

東日本大震災が起こっても、原発による発電を進めている日本に疑問を持ち、自然エネルギーがあれば切り替えたいと思っていました。子どもが生まれてから、より強く環境問題を意識するようになりましたね。ハチドリ電力なら家庭の電力をクリーンエネルギーに変えられて、かつ社会のために活動する団体に寄付できるのはすごく魅力的だと思い、切り替えを決めました。

電力会社を変えるとき、奥さんに相談されましたか?

もちろん。「いいね、ぜひ変えよう」と賛同してくれて、スムーズでした。

ハチドリ電力を選ぶにあたって、気になったところは?

インタビュー写真3

電気代がどのくらいになるのかは気になりました。実は1年前に少しでも環境に良い電気をと思い、九州電力からちがう電力会社に一度切り替えたんですよね。その料金に比べると月に400円ぐらいあがるんですけど、前の電力会社の電気は自然エネルギーが3%だけだったので、それなら自然エネルギー100%のハチドリ電力がいいなって。それにシミュレーションすると、元々の九州電力より安くなりそうだったので、切り替えを決めました。

ハチドリ電力で応援したい団体
インタビュー写真4

ハチドリ電力では電気代の1%をNPOなど社会活動をしている団体に寄付できます。さっき寄付できることが魅力と言っていただきましたが、何か思いがあるのでしょうか?

実はすでに世界の子どもの支援、難民支援、犬の殺処分をストップする団体の3つに寄付していました。もっといろんなところに寄付したいと思っているのですが、だいたい最低1000円からしか受け付けていないところが多く、それを毎月続けるのは生活があるので厳しくて…。でも、ハチドリ電力なら電気代の1%という少額で無理なく続けられるのがすごくいいなと思います。

これまで寄付されていた団体からは、活動報告が届きますか?

はい、郵便で届きます。あれを見ちゃうとやめられなくて(笑)。自分の少額の寄付がどのくらい役に立っているかは分からないけど、少しでも貢献できればと思って続けています。

ハチドリ電力を通じて、どんな団体を応援したいですか?

NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパンさんを支援したいと思っています。フリー・ザ・チルドレン・ジャパンさんは国内外の子どもを貧困・差別から解放し、子供が社会のチェンジメーカーになれる体験を提供されている団体で、僕にも子どもが生まれたので、子どもにいろんな選択肢をつくることを応援したいなって。奥さんと相談して決めました。

ハチドリ電力に期待すること

最後に、ハチドリ電力にこれから期待することがあれば教えてください。

寄付先を決めるためにサイトを見たら、本当に素晴らしい活動をしている団体がたくさんあって、いろんなところに寄付したいと思いました。1%はもちろん、プラスアルファで他にも寄付できる仕組みがあるとうれしいです。

じつは希望される方には、寄付を上乗せできるような機能もすぐに実装する予定です。サービスがスタートしたらまたお知らせしますね!貴重なご意見をありがとうございます。

インタビュー写真5

プロフィール

中村将人

Sunday Morning Factory株式会社
代表取締役社長
2010年、ボーダレス・ジャパン株式会社に新卒で入社。ボーダレスハウス社に配属された後、新規事業の担当に抜擢される。いくつもの事業立ち上げに挑み、Sunday Morning Factory株式会社の代表に就任。

社会のために頑張る人たちの
活動レポートをお届けします!