支援して申し込む

メインビジュアル

自分では抜け出せない環境を変えるきっかけに。地域密着型の食堂で、町にも社会にも貢献したい。

お店の電気を申し込みました

こんにちは。ハチドリ電力の佐野です。
この度、「はこざき駅前食堂」さんが、ハチドリ電力の仲間に加わってくれました。このお店は、福岡県福岡市東区箱崎にある、子供からお年寄りにまで愛される地域密着型の食堂です。
この記事では、店主の西山誠泰さんに、お店のこだわりやハチドリ電力へお申し込みいただいた理由、実現したい社会など、様々なお話を伺っていきます!
地域密着型で町に貢献

はこざき駅前食堂さんはどんなお店なんでしょうか?

JR箱崎駅の目の前、箱崎商店街の中にある地元密着型の食堂です。

この食堂は3年前にオープンされたと伺いましたが、どのような経緯でお店を始められたのでしょうか?

以前は、福岡市・天神の食堂に勤めていたのですが、街の再開発により閉店してしまったんです。私はこれまで25年間、イタリアンから和食まで何件も飲食店で働いてきたので、これを機に自分でお店を出そうと思って。

なぜ天神から箱崎へ?ご出身が箱崎なんでしょうか?

出身は佐賀県の有田町なのですが、箱崎駅前に義理の兄弟が設計したテナントがあり、声をかけてもらったんです。

インタビュー写真1

そうだったんですね。ズバリ、お店のコンセプトは何でしょうか?

やはり「地域密着型」というところでしょうか。箱崎エリアでの地産地消と言いますか、町の中で食材を買って、町の中で消費することで、地域への貢献になると考えています。

食材は全てこちらの商店街で揃えているのですか?

野菜、お肉、お味噌、お酒まで全て、箱崎の商店街から仕入れています。本当は業者から業務用のものを仕入れた方が安く済むのですが、商店街から買えば買うときにきちんと説明してくれて、地元の人との繋がりもできるので。

素晴らしい町への貢献ですね。お店にいらっしゃるお客様も地域の方が多いんでしょうか?

そうですね、小さな子どもから、おじいさんおばあさんまで様々な地域の人が来てくれます。近所から鍋を持って来てテイクアウトする方もいたり…。頼まれればお弁当も作ります。

そうなんですね。鍋でテイクアウトは初めて聞きました(笑)オススメのメニューは何でしょうか?

メニューは、定食屋の定番料理です。1番人気はハンバーグ、チキン南蛮、酢豚といったところでしょうか。

インタビュー写真4

うわあ、美味しそう!特にこだわっているポイントはありますか?

ドレッシングまで自分で作るようにしているところかな。また、よく売れるものだけをメニューにしています。1人で切り盛りしているので、メニューの数は増やせないですし、食材も余らせたくないので。

ハチドリ電力へ申し込んだ理由

はこざき駅前食堂さんは、ハチドリ電力にお申し込みいただいていますよね。ありがとうございます!お申し込みに至った理由は何でしょうか?

食堂の2階にゲストハウスがあるのですが、そこに良くハチドリ電力の事業を行うボーダレス・ジャパンの人たちが来ていて、ハチドリ電力のことも耳にしたことがあったんです。

以前からご存知だったんですね、嬉しいです!

インタビュー写真3

この前社員の方が食堂へ来られて、ボーダレス・ジャパンやハチドリ電力の社会のための活動を詳しく知り、料金のシミュレーションをしてみたところ安くなったので、これはいいな!と思って申し込みました。

偶然の出会いからお申し込みいただいたんですね。ありがとうございます!

自分では抜け出せない環境を
変えるきっかけに

実は、以前働いていた天神のお店が子ども食堂をやっていたんです。なので、元々NPOなどの活動には興味があって。社会に良いことをできるだけしたいと思っていたものの、自分にはできていない分ハチドリ電力の取り組みを応援したいと思いました。

そうだったんですね。そう言っていただけて嬉しいです…!

お店の電気をハチドリ電力にすることで、少しでも世の中のお役に立てれば…。

そうですね、私たちも頑張らないと。天神のお店ではどのようなことをされていたのでしょうか?

ひとり親家庭の子どもに対し、月1回子ども食堂をやっていました。ごはんを食べるだけでなく、絵画や陶芸、ピアノの先生が来て教室をやったり、天気の良い日は遠足へ。その間に親御さんの悩みを聞くこともありました。

インタビュー写真4

素敵な取り組みですね。西山さんご自身、どんな社会にしていきたいか、思いがあれば教えてください。

格差が広がらない社会かな。貧困を底上げして、当たり前の協力をし合える社会にしたいですね。

ハチドリ電力では、毎月の電気代の1%を社会のためにがんばる人や団体に寄付できる仕組みになっていますが、西山さんはどちらの団体を選ばれましたか?

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンさんです。子どもの支援がメインということなので。実は、後々は自分も子ども食堂やりたいと考えているんです。食堂兼寺子屋かな。どうしても自分では抜け出せない環境を変えるきっかけになりたいと考えていて、そのために料理人としての自分にできる食堂から始めたいです。

そうだったんですね。とても素敵な志だと思います!社会のために、子どもたちのより良い未来のために、ぜひ一緒に取り組んでいきましょう!インタビューにご協力いただき、ありがとうございました!

インタビュー写真6

店舗プロフィール

はこざき駅前食堂

住所:福岡県福岡市東区箱崎3-8-1
TEL:092-292-3629
HP:はこざき駅前食堂
地域に密着し、子供さんからおじいちゃんおばあちゃんまで皆様に来て頂けるお店です。今来ているお子さんが将来大人になった時、子供の頃はあの食堂によく行ってたと言われるような食堂にしていきたいです!

メルマガ会員募集

毎号、環境問題や社会課題の
最前線で活動する人が登場!
より良い未来のヒントをお届けします!

利用規約に同意のうえ、ご登録ください