支援して申し込む
認定NPO法人かものはしプロジェクト
活動概要
だまされて売られてしまう子どもがいます。

世界には、だまされて売春宿に売られ、無理やり働かされてしまう子どもたちがいます。子どもたちは、暴力や恐怖で支配され、逃げることもできません。「どんな子どもも、売られるなんてことがあってはいけない」「そんな子どもたちを守りたい」かものはしは、そんな想いで、この問題に真正面から取り組んでいます。

認定NPO法人かものはしプロジェクト 代表 本木 恵介
認定NPO法人かものはしプロジェクト
代表
本木 恵介
2002年
活動の原点

共同創業者の村田が大学生の時に、東南アジアの児童買春の問題を知り、同じく大学生だった本木・青木と「かものはしプロジェクト」をせちる値。実際に行ったカンボジアでは6歳の子どもまでもが被害にあっていることを目の当たりにし、この問題を必ず解決することを決意。

2004年
カンボジアでの活動を開始

カンボジアでの活動を開始したが、根本的な問題解決を探るために、試行錯誤。その後、カンボジアで子どもが売られる原因の一つは「農村に仕事がなく出稼ぎに出ることで騙されてしまうから」だと確信。子どもが学校へ通えるように、村人に職業訓練と雇用を提供するコミュニティファクトリーを、2008年に設立。

2009年
警察訓練支援を開始

子どもが売られる問題が解決しない一番大きな原因は、子どもを搾取する売春宿や、買春客が警察によって逮捕されていないことだとわかり、警察訓練支援を開始。カンボジア内務省に協力し、警察の意識と能力をあげる訓練を実施。

2012年
活動10年、新たにインドで活動開始

インドは、被害者となる子どもが多く、また被害者の社会復帰が難しい現状があった。カンボジアでのノウハウをいかし、インドでも子どもが売られる問題をなくすため、現地パートナー団体と一緒に活動を開始する。

2018年
カンボジア事業の独立

カンボジアでの事業で最貧困家庭の女性たちの生活状況が改善され、警察訓練支援により加害者の逮捕数が増えるように。売春宿に売られる子どもの被害者も激減。カンボジア事務所は独立を果たす。

2020年〜
インドでの問題解決を目指し、さらに日本での活動を開始

インドでは、被害にあった女性達への支援と、社会の仕組みを変えるための支援を行い、2025年にインドでの問題解決を目指す。また、日本の子ども・若者達からの声を受けて、日本での子どもを取り巻く不条理をなくすための取組みを開始予定。

活動内容
サバイバー(人身売買被害者)に寄り添う
被害にあったサバイバーが心身回復して自分の人生を取り戻すために、インド現地パートナー団体を通じて支援を行なっています。ひとりひとりのサバイバーのケースに寄り添い、そこから浮かび上がってくる仕組みの欠陥を変えることをそれぞれの関係機関に働きかけています。
被害者を支援する仕組みを改善する
被害者が正義・権利を取り戻し、売られない社会の仕組みをつくるために、被害者補償の申請を行なっています。申請金額よりも低い金額が決定されることがあった時は控訴を行い、被害者の権利が取り戻されるサポートをしています。
加害者の捜査・裁判
加害者が有罪になるためには、人身売買の犯罪が認定され、適切な捜査と裁判が行われる必要があります。サバイバー自身やその家族が弁護士の支援を受けながら捜査内容の不服申し立てや被害者補償の申請、テレビ会議を通じた被害者証言を行う支援をしています。
サバイバーリーダーシップを育成する
性的搾取の人身売買にあった被害者が、様々なNGOによる支援によって被害者からサバイバーへ、サバイバーからリーダーと成長することにより、サバイバーリーダーたちが直接政策立案プロセスに関与し、人身売買問題をシステム的に解決することを目指しています。
あなたの支援が必要な理由
だまされて売られる子ども達

世界では100万人の子どもたちが、お金やものと引き換えに性的な行為を強要され、搾取されてしまう「商業的性的搾取」の被害にあっています。国連の定義の中でも「最悪の形態の児童労働」であると言われており、家庭の貧困を主な理由に、出稼ぎに出ようとした結果、売春宿にだまされて売られてしまうケースもあります。

子どもが売られない社会にするために

かものはしは、子どもの「性的搾取を目的とした人身売買」(子どもが売られてしまう問題)を解決するために活動しています。逃げようにも逃げるすべをもたない子どもたちを、誰かがすくわなければ、この子どもたちは一生闇の中にいることになってしまうのです。子どもが売られる問題を解決するために、これからも活動を継続、発展していくために、どうか皆様のお力添えをいただけないでしょうか。

この団体を電気で応援する
プロフィール
認定NPO法人かものはしプロジェクト
活動開始日:2002年
所在地:〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-23-5 長谷部第一ビル402号室

※認定NPO法人かものはしプロジェクトは寄付金控除の対象となります。
原則として年間寄付額(電気代1%寄付+上乗せ寄付)が 2,000円を超える場合に領収書の発行をさせていただきます。
応援コメント

aaa

2020/07/03

1人でも多くの女性が幸せになれますように、同じ女性として応援しています。

福澤久

2020/07/03

電力が皆に届くように、社会にも明るい笑顔が広がっていくことを期待しています。
頑張ってください!

澁谷まりえ

2020/07/02

以前どこかでかものはしプロジェクトを知り、応援したいと思いつつ、申込をせず今に至り、今回の応援先の中にかものはしプロジェクトさんがあったので選ばせていただきました。

数年ぶりに、応援させていただく機会ができて嬉しいです^ - ^

最新の活動レポート

同じ分野で活躍する人

みんなの活動レポート

もっと見る

社会のために頑張る人たちの
活動レポートをお届けします!