支援して申し込む
認定NPO法人ポケットサポート
活動概要
長期入院や自宅療養をしていても友達や先生とつながれる社会に

病気を抱える子どもたちが将来への希望を持って生活でき、また活動を通じて病気の子どもたちの環境に理解が進むことで安心して過ごせる地域や社会を目指しています。主に長期入院や自宅療養が必要な子どもたちに学習や復学支援、不足しがちな社会体験、孤立感解消のためのコミュニティ作りを行っています。

認定NPO法人ポケットサポート 代表 三好 祐也
認定NPO法人ポケットサポート
代表
三好 祐也
1990年
9年間の入院生活

5歳の頃に慢性のネフローゼ症候群を発症し14歳まで入院。大部分を病院内の院内学級で過ごす。自分はこのままどうなるのか不安を抱えていたが、一緒に闘病している仲間がいて一人ではないと思えるようになる。

2010年
忘れられない生徒との出会い

通院していた病院と同じ大学へ進学し、病院内の院内学級でボランティアを行う。そこで最初は塞ぎ込んでいた1人の生徒から「三好君の姿が楽しそうだから大学生になりたい」と目標にしてもらえたことが忘れられない出来事になる。

2011年
ポケットサポート設立

自分の体調と向き合ったうえで、どうすれば病院の子どもたちの力になれるのだろうかと考え、ポケットサポートを設立。退院後の子どもたちを集めて交流イベントを開始する。

2015年
任意団体からNPO法人へ

病気を抱える子どもの学習や復学、自立支援や交流支援と事業を拡大。任意団体からNPO法人ポケットサポートに。

2018年
岡山市からの委託事業

岡山市の委託事業として、慢性疾患の子どもたちへ自立支援を行う相互交流支援業務を、支援拠点(ポケットサポート事務所)と2つの市内病院にて始める。

2025年
子供たちが希望を持てる社会へ!

今後、岡山市を中心に開催日数や活動時間を拡充させていくことで、小児がんなど慢性疾病を抱える子どもたちが一人でも多く将来に希望を持ち、自分らしく暮らせる社会の実現を目指す。

活動内容
学習・復学支援
子どもたちが、入院や自宅療養中に不足する体験・集団行動を補うために、学習スペースの開設や体験活動を行うミニ講座、テレビ電話を活用したWeb学習支援をしています。
交流イベント
季節ごとに知育ゲーム大会/夏祭り/クリスマス会/芸術鑑賞会/遠足など、一緒に闘病している仲間と仲良くなる環境を作ることで、子どもたちの希望につなげています。
人材育成
学習支援ボランティアとして、特別支援学校の教員や病棟保育士・看護師を目指す学生などと一緒に学習支援や交流活動を行っています。
関係機関との連携
岡山市保健所や教育委員会と情報提供・連携しながら、退院後に地域で暮らすことになる病気を抱える子どもたちの継続的な支援や、地域で支えるネットワークづくりに取り組んでいます。
MOVIE
あなたの支援が必要な理由
病気により長期欠席が必要な子どもたち

病気やケガを理由に長期欠席している子どもは全国に約50,000人います。入院中は家族や友達と離れての生活になり、孤立感や精神的ストレスを感じやすくなります。そんな子どもたちには「自分一人だけがしんどい思いをしているわけではない」「自分だけ特別なわけではない」と思える空間や、励まし合える仲間がいることがとても大切です。

子どもらしい学びや体験が生きる力になる

私たちは「友達と同じように遊んだり、勉強したり、友達と会話したい!」という子どもたちの願いを叶えるために活動しています。いただいたご支援は、病院や自宅で長期療養している子どもたちへの学習支援・交流イベントに使わせていただきます。そのため、皆様のご支援が必要になります。

この団体を電気で応援する
プロフィール
認定NPO法人
ポケットサポート
活動開始日:2011年7月 (活動開始日)
所在地:岡山県岡山市北区奥田本町22-2

※認定NPO法人ポケットサポートは寄付金控除の対象となります。
原則として本団体への年間寄付額(電気代1%寄付+上乗せ寄付)が 2,000円を超える場合に領収書の発行をさせていただきます。
応援コメント

アレックスヘルマワン

2020/10/21

全ての団体に携わる皆様にわずかですが力になれば嬉しいです。応援しております!

林建吾

2020/10/20

善意ある行動を応援しています。頑張ってください!

鍋島正慶

2020/10/17

応援しています。

最新の活動レポート

同じ分野で活躍する人

みんなの活動レポート

もっと見る

メルマガ会員募集

毎号、環境問題や社会課題の
最前線で活動する人が登場!
より良い未来のヒントをお届けします!

利用規約に同意のうえ、ご登録ください